洗面化粧台天板・ひび補修 | 東京都江東区

こちらこのトータルリペア鬼工房のホームページを見てご連絡いただいた個人のお客様からのご依頼で、洗面化粧台の天板にひびが何本か入ってしまったとのことでした。しばらく前に洗面台自体を交換されたようなのですが、どうも新しい洗面台の微妙なサイズの関係で天板に負荷がかかってしまっているかもしれないけど原因不明、とメーカーさんに言われてしまった、との事でした。
施工前の写真がこちら👇

洗面台 化粧台 ひび

まずはいつものように天板全体のクリーニングを行い、次に余計な脂分を取り除きます。次にひびがこれ以上長くならないようにひびの先端部にちょっと手を入れ、その部分とひびのバリになってしまっている部分をなるべく周りの余計な部分を削らないようしながらなだらかにしていきます。下処理が済んだら傷に沿ってマスキングを行って、粘度の低い接着剤を傷の中に入れていき、充填した部分をヘラで平滑にしてからプライマーで硬化させます。固まった接着剤はマスキングテープ1枚分高くなっているのでサンディングで平面にしていきます。化粧台天板はつるりとしているのでサンディングの番手を次第に上げて、順にウエットサンディングに切り替えて面を作っていきます。中塗り塗料を数種組み合わせて微妙な歪みを修正した後、あらかじめ用意していた洗面台天板の色に合わせたカラースプレーで傷の部分に着色します。傷がしっかり消えたら、日常的に水がかかる場所なので2液ウレタンのクリアー塗料をツヤを合わせて仕上げを行います。
施工後の写真がこちら👇

洗面台 化粧台 ひび

実は作業にお伺いする前にお電話で話をさせていただいて、根本原因が解決されないと再発の可能性が高い旨をご説明させていただいたのですが、天板自体がお住まいの特注品でもう手に入らないので再発しても構わないから作業をしてほしい、とのことでしたのでお受けさせていただきました。上のような傷が何本かあったのですが、全て同時進行で同じように補修させていただき、少なくとも表面は以前のようなきれいな天板になったのでお客様にも非常に喜んでいただきました。

長くお住まいになっていると、丁寧に住まわれていてもやはりどこかに傷等がついてしまうことはあります。メーカーさんも同じ商品をずっと生産、在庫しているわけではないので、お気に入りのものが同じものでもう手に入らないこともあります。そのような場合でも全交換ではなく部分補修で雰囲気を蘇らせることもできるケースがありますので、お住まいや家具に気になる傷、染み、焦げ、劣化等ございましたら、まずはお気軽にご相談ください。施工相談・お見積りは無料でさせていただきます。江東区、墨田区、中央区、江戸川区を中心に東京23区から承っております。
良いものを長くお使いになるお手伝いができれば幸いです。。