ドア枠・えぐれ傷補修 | 江東区亀戸

こちらこのトータルリペア鬼工房のウエブサイトを見ていただいてご連絡いただいた、個人のお客様からの原状回復のご依頼です。長い間お住まいになったお部屋をお引越しの前に綺麗にされたいとのことで、フローリングの傷やドアにできてしまった穴、巾木の傷等いろいろ直させていただいたのですが、今回ご紹介するのはドア枠にできてしまった傷の補修です。
作業をする前の写真がこちら👇

ドア枠 柱 えぐれ傷

写真中央の目立つえぐれ傷の他にもドア枠全体に小傷ができています。こちらのドア枠以外にも各部屋のドア枠に同様の小傷がありましたので、他の作業もこなしつつこれらの「小傷を目立たなくする」作業も並行して行いました。
まずはドア枠全体のクリーニングを行い、えぐれ傷、小傷の周りの脂分も丁寧に取り除いていきます。次にえぐれ傷のバリになってしまっている部分をカッターでそぎ落として、それ以外の傷も縁をつぶしてなるべくなだらかにしていきます。次にえぐれ傷の周りをマスキングし、充填剤を埋めます。充填剤が乾く前にマスキングテープは剥がし、テープのキワでできた充填剤の縁を指でつぶしていき、パテのキワをなだらかにします。充填剤の乾燥を待つ間は、時間を無駄にしないようにフローリングの傷の補修をどんどん行います。充填剤が十分乾いたら再度マスキングをして、サンディングで面を整えていきます。面と角が整ったら下塗り塗料を使って微妙な歪みを修正します。その後周りの木目に合わせていくつかの色を作り、木目に合わせて使い分けて周りに馴染ませていきます。同時に小傷もそれぞれの周りの色に合わせて色を乗せていきます。充分馴染んだらツヤを合わせて全体的にコーティングを行います。
施工後の写真がこちら👇

ドア枠 柱 えぐれ傷

今回の作業に当たっては、事前にお部屋を拝見させていただいて、補修をご希望の場所を確認し、お客様と全ての傷に補修を行った場合、目立つ傷、穴等を優先させて小傷等は簡易的に「目立たなくする」作業をする場合、等のオプションを相談させていただき、ドア枠や柱の小傷は全部埋めることはせず、簡易的に目立たなくする補修を行いました。それにより限られた時間(=抑えたコスト)の中で最適な補修を行うことができ、依頼主の方にも非常に喜んでいただくことができました。

長くお住まいになっていると、特にお子様が小さかったりする場合は、やはりあちこちに傷ができてしまうものです。そんな場合でも大掛かりなリフォームではなく効果的に部分補修を組み合わせることで、お引越し前にお部屋をきれいに蘇らせることができます。ご予算が限られているのであれば、どの傷を優先させるか、他の傷はどのような補修を行うか、じっくり相談させていただくことによってお客様のニーズに合った補修をご提供させていただきます。
気になる傷、割れ、焦げ目、劣化等々がありましたら、お気軽にご連絡ください。無料で施工相談・お見積りをさせていただきます。江東区、墨田区、中央区、江戸川区を中心に東京23区から承っております。
次にお住まいになる方が気持ちよく入居できるお手伝いができれば幸いです。